読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはまだ未定

バディファイトに関すること、趣味のことをまったり書いていくブログです

ゼータ使用感

こんちには。

キッドです。

超太陽竜環境に入り、ちょうど一週間。

巷では、ゼータが嵐を巻き起こしてますね。

直後の仙台フェスタでは、早くもダークゼータが、1.2フィニッシュを飾りましね!

前回の構築を叩き台として、シェアメンバーと共にじっくりとゼータを使い込みました。

TLで流れてくるレシピもとても参考になります。

今回は、一週間経ち、ダークゼータの使用感や各カードの印象の変化を書きたいと思います。

 

・ゼータ配分

プロキシ段階で組んでいた前回のブログでは、機甲ゼータに変身できた方が強いだろうと思い、サーチを4積んでいました。

ただ、実際に回して見ると革命ゼータでも充分に強いことがわかりました。

特に五角戦では、主力武器である王牙を弾けるのは革命ゼータの魅力だと思います。 

そのため、現在は機甲4革命4エレメンタル1の配分となり、サーチ魔法は抜けていきました。

実際にリバースカルの成功率も上がり、今はこの配分で気に入っています。

・ホール

強いカードであることには変わらないのですが、盾として見るにはやや心許なく感じることも。

よくバランスの取れている良カードだと思いました。

・フィニッシュロード

試してみたら、すごく強かったです。

攻めの手段としてはもちろん、苦手なデスパレ等のレストにも対応できるようになったり、より動きの幅が広がりました。

殺傷力も増しています。

手札がある限り、1キルルートが出現する可能性があるのは、相手からしたら脅威です。

ただ、ドロップの質にもやや依存する所もあるので、枚数は検討段階です。

・闇鬼

現在は2枚まで増えましたが、フィニッシュロードとのシナジーを見るとさらに増量したくなるモンスターです。

シンプルかつ攻撃的な性能で、重宝してます。

・ハイパーエナジー

現在は2まで落とし、3ゲージを増量して逆配分となりました。

2ドローでハイパーエナジーを引いてしまう裏目が辛かったというのもあります。

カード単体で見た時の強さはハイパーエナジーが上なのですが、デッキコンセプト等の全体で見た時は3ゲージが使いやすかったです。

これは回して見て気がつきました。

 

・S1泥鬼

ハイパーエナジーが減ったことで、このカードも4に戻りました。

相変わらず、リバースカルと仲良しさんです。

・S1風鬼

最初はあまり使えないと思っていましたが、実際は中々の仕事ぶりを見せてくれました。

ほんと見くびってました。

風さん、ごめんよ。

 

・総括

巷では様々な形のゼータが生まれていますね。

光鬼を不採用にして、より攻撃に寄せた形も印象的でした。

回し続けて、また各カードの印象の変化が生まれるかもしれません。

これからさらに大暴れするであろうゼータに注目です。