読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルはまだ未定

バディファイトに関すること、趣味のことをまったり書いていくブログです

ゲドウ杯に参加して来ました

こんにちは。今年、初ブログとなります。

本年度もよろしくお願いします。

遅ればせながら、今回は1月15日に名古屋で行われた「ゲドウ杯」の参加レポートを掲載したいと思います。

 トーナメントで使用したネオドラツヴァイはこちら(右10枚はサイドです)

f:id:kid913:20170117215458j:image

 予選1回戦
ジェムメンジョー

先攻デスモダイをコールして理想のスタートを切るも、後攻1ターン目からメンジョー成功でなんか色々されて一気にライフ8まで削られる。

流石に焦りましたが、その後は攻めきって勝ち。

メンジョーのエクストラターンは相変わらず恐ろしいですね。 

 

予選2戦目
ツヴァイ

今回のミラー1本目。

こちら先攻スタート。

デストラクタに全く触れられず、焦る。

一方、相手の方はデストラクタ経由の安定した手札と盤面。

ミラー戦は少しでも躊躇したら負けな所もあるので、絶望的な状況でも、こちらは出せるものは全て出し切り応戦。

センターにソウル2枚のバルソレイユを出した頃にはこちらハンド0でした(あちらは5.6枚をキープ)

これは流石に負けたなーと思っていましたが、すべてをかなぐり捨てて出したバルソレイユで相手ターンのセンターを焼き払い、テンポを崩すことに成功。

その後、相手の方がゲージチャージ札を引けなかったらしく、ハンドは潤っていたものの辛そうな様子。

拮抗状態から、ようやくデストラクタに辿り着き、こちらも手札と盤面が安定。

相手の方もゲージブーストを絡め、そこからはツヴァイミラー特有の殴り合い宇宙()

蘇竜骨を絡め、エルガーカノンの入った3打点のディメンジョンを2回叩きつつけて勝ち。

ほんと、綱渡りの末の勝利といった感じで、非常に心臓に悪かった一戦でした(笑)

序盤の思い切りが、今回のギリギリの勝利に導いてくれたと確信できました。

 

予選3戦目

 ツヴァイ

ミラー2戦目。ツヴァイミラーは常に心臓に悪いです(笑)

今回はデストラクタスタートが出来て、ホッと一息。

こちらは、後攻エーヴィヒにピスカを入れて効果起動。ここで2回攻撃のS3が捲れたら一気に攻めに転じれてたのですが、捲れず(笑)

それでも、ピサロは出たので後続は確保できました。

エーヴィヒのソウルが2枚の状態でターンを返しました。

相手の方、エーヴィヒガチャから捲れた必殺ゼニスに乗り、こちらの盤面崩壊を狙ったのですが、墓地に竜が6枚なく除去能力が不発。

センターのエーヴィヒが生き残り、そのまま展開へ。

こちらが終始有利な展開で勝利。

ミラー戦の勝ちに一安心しました。 

 

予選4戦目
戦闘詩人

後攻を貰ったものの、デストラクタ、ライジングを使って掘り進めるもS3が引けず。

対戦闘詩人では少しの下振れが命取りですね。

次のターンでS3を出すも、返しの貫通高打点を止める術も、必殺ゼニスに繋げるためのゲージもなく、逆転の兆しが0だったのでこちらは投了を選択。

 

予選5戦目

シャドウシェイド

デストラクタでスタートからの後続も確保。

エクスディメンジョンの貫通で堅実にライフを取りにいきました。

次のターン、シェイド側の手札事故により投了を選択。

早期決着となりました。

ここで予選が終了し、総合成績は4-1。

一敗した戦闘詩人は予選1位通過だったので、オポの心配もなくそのまま決勝へ。

一応、予選4位で通過だったみたいです。

 

決トナ
戦闘詩人

1戦目

戦闘詩人は主戦力のトーキングに乗れず苦しそうな展開。しかし、リリックオーバーや鋼のボディは多く抱えていたため、ツヴァイ側も中々ライフを奪えず。

持久戦の末、なんとか勝利。

二本目はトーキングの超打点貫通をグラキエスで返し、エルガーの入ったディメンジョンからヴァーテックスに繋げて勝ち。

両試合もそうですが、詩人には手札を持て余しては勝てないので、出せるものは一気に出して速攻で潰すことを心がけました。

詩人は一本戦では非常に厄介な相手ですが、マッチのサイドありなら対策は取りやすいので多少はやりやすいです。

それでも、危険な相手に変わりないですが(笑)

2-0で準決勝へ

 

準決勝 地獄

一本目はバルソレイユがパラダイスロストを焼き払い、両サイドに0を置き一気にラッシュ。

そのまま速攻が成功し、ライフ8をもぎ取って勝ち。早期決着となりました。

しかし、二、三番目は綺麗に地獄のペースにハマり、ギリギリまで抗ったものの、それも虚しく1-2で敗退。

地獄戦はマッチ想定で何度も練習しましたが、ツヴァイの速攻が決まればツヴァイの勝ち、ズルズルと地獄のペースに入れば地獄の勝ち、という展開になりやすかったので、まさにそれを体現した試合となりました。

その勝ちと負けのパターンを両方経験できたので潔く負けを受け入れました。

うーん、でも悔しい!

 

3位決定戦

一本目はお互いデストラクタが全く引けずに泥仕合。なんとか勝ち。

二本目はしょうもないプレミをしてしまい、焦る。そういうとこはまだまだだなぁと痛感。

3番目はお互い綺麗に回り、ミラー特有の殴り合い宇宙でした!
結果2-1で勝利。

総合成績、 3位でした!

 

残念ながら優勝には届きませんでしたが、やるだけのことはやったので満足しています!

交流会という名目ではありますが、参加者は58人とかなり本格的なトーナメントでした。

日本一決定戦出場者も多数参加していて、全体的にレベルの高いトーナメントだったと感じました。

プレマはもちろん、百鬼賞?というのにあたり、可愛いチャームも頂きました!

とても楽しい交流会でした!

 

参加者様、運営の皆様、改めてありがとうございました!